熊本市の中心部には白川と坪井川の2つの河川が存在しており、過去に何度も水害に見舞われてきました。河川整備は着実に進められていますが、温暖化等による集中豪雨や洪水流量の増大が顕著になってきており、現状の整備状況では十分とは言えません。一方で、高齢化・地域コミュニティの希薄化などにより、地域自身が主体的に保有していた共助による水害対応力の減退が懸念されています。そこで、単に設計や施工のための防災技術ではなく、住民参加によるプロジェクト決定や関連機関との調整などのプロジェクトマネジメント技術、およびリスクコミュニケーションなどを含めた地域水害リスクマネジメントシステムの構築と実践が急務なのです。 
 

    前へ    Top    
     サイトに関するご意見・お問い合わせは、サイト管理者()までお願いします。
Copyright (C) 2009 Kumamoto University and Kumamoto City Office, all rights reserved